【最新刊】不思議絵師 蓮十〈二〉 江戸異聞譚

不思議絵師 蓮十

著者:かたやま和華

649円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    今日も花のお江戸には不思議な事件があふれている。描くものに命を吹き込む不思議絵師、蓮十の周りではおかしな事ばかり。 蓮十にいつもやきもきの地本問屋のお嬢さん小夜。いなせで破天荒な悪友の歌川国芳。二人も加わり、江戸の町をいったりきたり。 十軒店の雛市で、鼠除けの絵から猫股が抜けだしたって? そりゃ大変だ! 実は蓮十が描いた絵で。放っておけないとばかりに、蓮十と国芳は猫股をふん捕まえようといさむのだが?

    続きを読む
    提供開始日
    2015/07/02
    連載誌/レーベル
    メディアワークス文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    歴史・時代
    • 不思議絵師 蓮十 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      不思議絵師 蓮十 全 2 巻

      1,276円(税込)
      12pt獲得

    レビュー

    • 2014/11/18Posted by ブクログ

      絵が動き出すと
      絵を見ていると、その描写に引き込まれそうになることがある。
      西洋画しかり、浮世絵しかり。
      今にも羽ばたき、しぶきが飛び、語りかけてくるような絵画。
      画家の魂が、新たな魂を得て別物として...

      続きを読む
    • 2013/09/07Posted by ブクログ

      時代は文化文政期の江戸。石蕗蓮十という名の、駆け出しの浮世絵師がいた。彼の筆には不思議な力があり、描いた絵に命が吹き込まれ紙から飛び出してしまう。そんな筆の秘密を理解している地本問屋のお嬢さん・小夜、...

      続きを読む
    • 2014/02/26Posted by ブクログ

      「ん、もう!蓮十の野暮天!!!」
      小夜と一緒にジタバタしたくなります。
      二人の恋路が気になります。
      蓮さんの過去も気になります。
      猫もまたどんも気になります。

      「でも蓮さん!酒ばっか飲んでないで、早...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001541086","price":"649"}]

    セーフモード