偏差値20アップは当たり前! 「本当の国語力」が驚くほど伸びる本(大和出版)

編:福嶋隆史

1,199円(税込)
ポイント 11pt

通常ポイント:11pt

小学生から中高生まで、短期間ですごい成果が! 25倍近い高倍率の、しかも偏差値60を超える入試(首都圏女子校)で見事合格。2科目受験(国語と算数)だったので、国語が苦手なままだったら、その学校の受験自体考えなかったと思います(小6女子保護者)高校入試の合格判定模試で約1600人中86位(偏差値68)を獲得!(中3男子)まだ数カ月指導していただいただけなのに学校の定期テストで初めて学年順位1ケタをとることができ、本人も成果を実感しているようです(高2男子保護者)入塾時には偏差値42でしたが、1年後には63まで上がりました。特に読解問題の正答率が格段に上がりました(小4男子保護者)通塾から1年半。試しに大手塾の大規模なテストを受けさせてみたら、ほとんどトップに近い成績(偏差値70近く)で驚きました(小3女子保護者)――etc.――「書く力」「読む力」、そして「得点力」がみるみるアップ!

続きを読む

レビュー

4
22
5
9
4
6
3
6
2
1
1
0
  • 2018/02/05Posted by ブクログ

    国語力とはなんぞやという定義の差異には違いないが,本書ではそれを論理的思考であると説く.この実践法は3つ,すなわち“言いかえる力”,“くらべる力”,そして“たどる力”に収斂するので,その具体化を明文化...

    続きを読む
  • 2017/12/27Posted by ブクログ

     筆者のいう本当の国語力とは論理的思考力のことをいう。文章を読んだり書いたりする際にいかに論理性を重視するかが大事というのだ。筆者は小学生を対象とした国語塾の講師であり、こうした視点は現場での経験から...

    続きを読む
  • ネタバレ
    2017/01/26Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
もっと見る

セーフモード