【最新刊】なぜ日本人はご先祖様に祈るのか ドイツ人禅僧が見たフシギな死生観

なぜ日本人はご先祖様に祈るのか ドイツ人禅僧が見たフシギな死生観
1冊

著:ネルケ無方

841円(税込)
ポイント 8pt

通常ポイント:8pt

日本人の死に対する考えは不思議だ。生と死を厳密に分けず、つながっている感覚を持ち、死者への親近感や依存度が高い。その一方で「死は穢れ」という概念があり、葬儀後の「清め塩」や数字の「4」を避ける習慣がある。また、戦時中の神風特攻隊は、武士道が謳う死の美学を身をもって貫き敵国を驚かせた。元キリスト教徒のドイツ人禅僧が、日本と欧米社会を中心に比較しながら、曖昧な日本人の死生観と理想の死について考察する。

続きを読む

レビュー

3.3
3
5
0
4
1
3
2
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2018/10/15Posted by ブクログ

    宗教観とは、なかなかにむずかしいものですが、
    しかしながら、外から見たものなので、かなり
    優しく書いてあるとン感じる

    仏教に死後の世界があいまいなのだということがよくわかった。
    人はみな、やさしくし...

    続きを読む
  • 2015/11/16Posted by ブクログ

    ドイツ人禅僧が語る日本の宗教と外国の宗教。

    宗教の入門書としては有意な本。
    第一章は日本の仏教概論
    第二章はキリスト教概論
    んで、あとは著者の死生観。死に方論、生き方論。

    文章は易しいし、まなざし...

    続きを読む
  • 2015/10/28Posted by ブクログ

    宗教に関する入門書として、なかなかよい本だと思います。

    著者はドイツ人で、曹洞宗の住職さんです。
    キリスト教やイスラム教、ユダヤ教の説明も交えながら、仏教について説明したり、もともとの仏教と日本...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード