【最新刊】戦場観光~シリアで最も有名な日本人

戦場観光~シリアで最も有名な日本人

1冊

著:藤本敏文 構成:安田純平

1,296円(税込)
1%獲得

12pt(1%)内訳を見る

    職業、トラック運転手。趣味、戦争の最前線を旅する。イスラム国の戦闘員と誤報された経験あり。現在、アサド支持派から殺害予告を受けている。戦場に魅せられ、戦地に友人を作り、激戦地を観光し続ける??その姿をAFP通信から配信され「世界のフジモト」となった男の熱き記録。*****************************************************2011年末、数人集まれば秘密警察が飛んでくるシリアで数万人規模の民主化デモが発生。そのデモを見たい! そう考えた俺は、反政府運動の聖地ホムスに出かけたが、大規模デモを見物している最中に銃撃されてしまう。その反動なのか、民主化要求のステージ上で「エブリバディ・トゥゲザー・ゲット・フリーダム!」と叫び、群衆を煽ってしまった。その映像がシリア国営放送で全土に流れたことから、俺の人生が激変していく。今や俺のことをワシントンポスト、ニューヨークタイムズ、アル=ジャジーラ、アールアラビアをはじめ多くのメディアが取り上げてくれるが、なかなかシリアに入ることができないジレンマが……。*****************************************************「戦争の現実を見に戦場へ行こう。周到な準備さえあれば旅行者だってかまわないのだ」――安田純平(ジャーナリスト)

    続きを読む
    提供開始日
    2015/06/26
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    エッセイ

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード