コンクリートなんでも小事典 固まるしくみから、強さの秘密まで

土木学会関西支部・井上晋

1,320円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    高品質のコンクリートとは? コンクリートの材料や配合はさまざまです。同じ材料を使っても、打ち込み方や養生、温度などによって品質は違ってきます。塩害やアルカリ骨材反応、中性化などの問題が発生したコンクリートには、新しい補修方法が開発されています。維持管理をきちんとすれば、構造物を100年もたせることも可能。こうしたコンクリートに関する基礎知識と、最新の技術をまとめた1冊です。(ブルーバックス・2008年12月刊)

    続きを読む

    レビュー

    4
    5
    5
    1
    4
    3
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2009/03/10Posted by ブクログ

      わかっているようでわからないことが書いてあるような気がする。
      ●凝結が生じたコンクリートの上に新しいコンクリートを打ち足すと、コールドジョイントと呼ばれる不連続な面が形成されます。
      ●コンクリートポン...

      続きを読む
    • 2011/11/02Posted by ブクログ

      我々はコンクリートでできたものに囲まれて暮らしているが、どういうものかをあまり知らない。この本には、コンクリートの基礎、固まるメカニズムから、コンクリートの歴史、いろいろな種類のコンクリート、ビルや橋...

      続きを読む
    • 2011/12/18Posted by ブクログ

      身近なものでありながらあまりよくわかっていないかったコンクリートのことを体系的に知ることができる。古代ローマ以前から使われてきた技術ではあるが日本では歴史が浅い。それにしても、カタカナ用語が多いのに驚...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001540011","price":"1320"}]

    セーフモード