仙台ぐらし

伊坂幸太郎

583円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    心配性の作家がつづる地方都市生活の魅力と希望。震災で都市機能がマヒしてしまった体験を持つ仙台。そこに暮らすちょっと心配性で、ちょっと自意識過剰な作家の、軽妙で味わい深いエッセイ。途方に暮れた後にたどり着いたのは「楽しい話を書きたい」という思い。日常のすきまの希望をつづって、読後感も爽やか――。短編小説「ブックモビール」も収録。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード