【最新刊】スペードのクイーン/ベールキン物語

スペードのクイーン/ベールキン物語

プーシキン/望月哲男(訳)

1,056円(税込)
1%獲得

10pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    必ず勝つという3枚のカード。伯爵夫人がかのサン=ジェルマン伯爵から授かったというカードの秘密をゲルマンは手に入れるが……。現実と幻想が錯綜するプーシキンの代表作『スペードのクイーン』、皮肉な運命に翻弄される人間たちを描く5作の短篇からなる『ベールキン物語』。あのドストエフスキーも激賞したロシア近代文学の父プーシキンの傑作を、原文の特徴を見事に再現した新訳で。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/06/26
    連載誌/レーベル
    光文社古典新訳文庫
    出版社
    光文社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(3件)
    • スペードのクイー...
      2020/12/26

      小学生の頃嫌々ピアノを習っていた。その先生が強弱記号にうるさくて「そこはアレグロ」「そこはアンダンテ」「そこはアレグロアンダンテよ」どーだってええやん!意味あるんかね! 意味はあったよ。この作者の素晴...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • スペードのクイー...
      2015/09/07

      貴族や下層貴族、市井の人たちの滑稽譚?という感じ。解説によると含み等色々あるみたいだけど、物語として楽しく読めます。ロシアの昔の人たちの暮らしをちょこっと覗いてきたみたい。

      Posted by ブクログ
    • スペードのクイー...
      2015/02/19

      2015/2/19読了。
      ドストエフスキーが賞賛する作家プーシキンの著作。登場人物の名前が一緒だったりとかなりの影響を受けてそうな印象。
      内容はドストエフスキーよりもかなり読みやすい。ドストエフスキー...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード