【最新刊】妖怪学の基礎知識

妖怪学の基礎知識
1冊

編・著:小松和彦

1,555円(税込)
ポイント 15pt

通常ポイント:15pt

最新刊を購入

カゴに追加

いまも都市伝説などで再生されつづける「妖怪」とは何か? 説話やお伽草子に描かれる妖怪や怪異、噂話のなかの妖怪、妖怪画の歴史、妖怪の博物誌など、最新の研究成果を盛り込み日本の妖怪文化に迫る。※本作品は紙版の書籍から口絵または挿絵の一部が未収録となっています。あらかじめご了承ください。

続きを読む

レビュー

3.7
4
5
1
4
1
3
2
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2014/09/27Posted by ブクログ

    面白かった。
    「妖怪を調べるのにここまでするの!? すげー!!」みたいな感じだった。
    妖怪が出現する際の方角なんて、気にしたことがなかったよ……。

  • 2012/10/08Posted by ブクログ

    妖怪が好きなので、とても勉強になり面白かった!
    妖怪は信仰・畏れの対象だったのが、江戸時代から娯楽の対象となったというお話が印象的。
    そもそも妖怪(昔はこう呼ばれなかったが)とは日常的な論理では解釈で...

    続きを読む
  • 2011/09/01Posted by ブクログ

    井上円了や柳田國男の初期の「妖怪学」から、最新の妖怪学研究までが網羅的にまとめられている。
    専門的な知識がなくても、基礎から民俗学の立場から見た妖怪学を学ぶことができた。

もっと見る

セーフモード