家畜人ヤプー 第二巻

50%OFF

著:沼正三

677円338円(税込) 10/1まで

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ポーリーンに連れられてクララと麟一郎が向かった二千年後の未来は、白人女権専制社会である宇宙帝国イースが支配していた。そこでヤプーは生体手術などの加工を施され、道具として扱われていた。人間椅子、肉便器(セッチン)、畜人犬(ヤップ・ドッグ)、自慰用具の舌人形(カニリンガ)や唇人形(ペニリンガ)……。想像を絶する世界にさまよいこんだ二人の運命は? 反ユートピア小説の金字塔、第二巻。

    続きを読む
    • 家畜人ヤプー 全 5 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      家畜人ヤプー 全 5 巻

      1,690円(税込)
      16pt獲得

    レビュー

    • 2012/03/25Posted by ブクログ

      別の件で昨年末の新聞を調べていたら、(2008年)11月30日に天野哲夫が82歳で肺炎のため死去、という記事を見つけました。まったく全然知りませんでした。

      三島由紀夫が変名で書いたとか、いや澁澤龍彦...

      続きを読む
    • 2008/05/31Posted by ブクログ


      沼正三はこころの師。
      というより、今風に言うなら俺の嫁(失礼な)

      必要のない人には永遠に必要のない物語。理解出来ない人には永遠に理解出来ないだろう。
      でも、差別や差別される人間の心理、状況、意識、...

      続きを読む
    • 2009/12/02Posted by ブクログ

      ヤプーを読むなら小説を読め! または石ノ森漫画だ!
      白人貴族女に同調して読むならわが世の春な住みよい世界。男は三つ指ついて妻に尽くす、ガチガチの女性優位社会。
      黒人は半人間。日本人は…実は人間を僭称し...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001537957","price":"338"}]

    セーフモード