【最新刊】ルルル文庫 リリー・フィッシャーの難儀な恋(イラスト完全版)

リリー・フィッシャーの難儀な恋

宇津田晴(著)/増田メグミ(イラスト)

638円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    成り上がり令嬢とワケあり侯爵のラブコメ!成り上がり男爵の娘リリー・フィッシャーは、ついこの間までド庶民だったせいで貴族の世界についていけず、王宮でのしきたりに四苦八苦。そんなある日、誘拐されそうになったところを助けた縁で、大貴族の令嬢ダリアから秘密の相談をもちかけられる。ダリアの幼なじみ、エドワードにまつわる噂の真相を調べてほしいというのだ。侯爵家の長男エドワードは、優秀な仕事ぶりで将来を有望視されていた青年だが、最近なぜかオネエ化!? 凜々しい外見とは裏腹に淑女の言動で周囲を大混乱に陥らせ、出世街道からも外れてしまったらしい。エドワードの事情を探るため、「臨時の行儀見習い」のふりをして王宮に潜入するリリーだったが、あっさり尾行に失敗。苦し紛れに「女らしさを伝授してもらいたい」とエドワードに申し出、妙に女子力が高いエドワードから美しさを学ぶはめに。だが「心は乙女」なはずのエドワードが時折「大人の頼れる男」の顔をみせ、リリーはトキメキを隠せない!!一方“とある事情”を抱えるエドワードも、不器用なのに必死でエドワードを守ろうとする純粋なリリーを愛しく思うようになって…!?※この作品は底本と同じクオリティのイラストが収録されています。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/06/19
    連載誌/レーベル
    ルルル文庫

    レビュー

    • 2015/12/10Posted by ブクログ

      とにかくエドワードがかっこいい!
      オネエでも男に戻ってもかっこいいなんて!ずるいです。
      すごく楽しみました。

    • 2015/06/06Posted by ブクログ

      安定の甘さ、そして恥ずかしさ(笑)楽しく読めました。成り上がりで男爵令嬢になったリリーは貴族らしくなく庶民派なお嬢様。そんなリリーが人助けで仲良くなった友人のために王宮である人を調査することを決意。そ...

      続きを読む
    • 2017/01/25Posted by ブクログ

      オネェヒーローが気になって読みました。
      表紙もすごくそれっぽいイメージで。
      ヒロインの不安に引きずられて、え?大丈夫なのか…?ってドキドキすることもあったけど、最後はすっきりうまくいくのがルルル文庫っ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード