喪失

カーリン・アルヴテーゲン(著)/柳沢由実子(訳)

693円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    2000年北欧推理小説賞受賞作!ストックホルムの32歳の女性ホームレスが、ある日突然、連続猟奇殺人犯として警察に追われることになる。食べ物と寝場所を求め格闘しながら、極限状態に身も心もすり減らし、たった一人で真相に迫っていく……。地方都市の富豪の一人娘がなぜホームレスになったのか? 深い心の傷を負い、絶望と背中合わせに生きる主人公が、逃避の人生を清算し新しい生き方を獲得する過程は大きな感動を呼ぶ。2000年北欧犯罪小説大賞受賞作。

    続きを読む

    レビュー

    • 2011/10/08Posted by ブクログ

      シビラは、道端にいるわけではないが、ホームレス同様の暮らし。
      18歳で家を飛び出して以来、ずっと身元を隠し、ストックホルムの無料で入れる所や似たり寄ったりの知り合いの住処を点々としていた。
      時には古着...

      続きを読む
    • 2013/11/13Posted by ブクログ

      アルヴテーゲン2作目、推理小説というかドラマ小説?地名が多く出てくるので日本語で読むとちょっとくどく感じます。夏の別荘への思い入れとかはなるほどスウェ人らしい描写。ホームレスという背景も社会問題をうま...

      続きを読む
    • 2008/09/20Posted by ブクログ

      ヒロインの育った境遇などに同情するところは多いにあるのだけれど、それにしても、なんだかんだ理由をつけても母親から送られてくる小切手を当てにしていたり、ホテルで無銭飲食したり住居に無断侵入して設備を利用...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001537439","price":"693"}]

    セーフモード