データサイエンティスト最前線(日経BP Next ICT選書)

編:日経情報ストラテジー

1,980円(税込)

この作品はブラウザでは読めません。アプリでお楽しみください

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    “データサイエンティスト”のすそ野が広がるあらゆる社員がデータを仕事に生かせる「全員分析経営」の事例を総まくり!「IoT」や「インダストリー4.0」など、ITをベースにした事業変革に取り組む企業が増えています。変革の担い手となるのが、データから隠された事実を掘り起こし、未来を予見する「データサイエンティスト」。そのポテンシャルに期待は高まる一方です。日経情報ストラテジーのデータサイエンティスト・ムック第3弾となる本号は、「全員分析経営」がテーマです。ITの進化で大量のデータに容易にアクセスできる環境が整い、使いやすい分析ツールも登場。こうした環境を追い風に、分析人材のすそ野が広がり、誰もが日々の意思決定や業務遂行にデータを活用することが可能になりつつあります。本誌の好評記事のなかからビジネスの最前線におけるデータ分析、データ活用事例を厳選し編集しました。<目次>【Part1】 顧客が分かる!ニーズが読める!データ分析の威力を知る【Part2】 「IoT」で競う製造業 ビッグデータ分析で不具合を撲滅【Part3】 分析力が要の「お財布争奪戦」 魅了する売り場にデータ生かす流通業【Part4】 データサイエンティスト、仕事を語る 「分析力+α」で会社を変える【Part5】 複雑な分析結果を理解してもらうには?目指せ!「伝え方」の達人【Part6】数字を恐れず、味方にする データの「読み書き」で強い組織に

    続きを読む

    レビュー

    4
    1
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2015/05/15Posted by ブクログ

      データサイエンティストという聞きなれない職業に対して、丹念に解説した一冊。

      理系の単なる分析屋ではなく、マーケットを読み取ることによって一流のデータサイエンティストになれるということがよくわかった。

    セーフモード