【最新刊】満洲暴走 隠された構造 大豆・満鉄・総力戦

満洲暴走 隠された構造 大豆・満鉄・総力戦

著者:安冨歩

880円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    混迷の中で建国され13年で崩壊した満洲国。一極集中の特異な社会、急拡大した満鉄、石原莞爾ら陸軍エリートの苦悩――成立と暴走の要因を「東大話法」で話題の著者が解明する。現代にも通ずる欺瞞の系譜が見える。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/06/17

    レビュー

    レビューコメント(3件)
    • 1巻
      2019/09/02

      その昔、「共通一次試験」という時代のことじゃ。選択授業の日本史教師が「受験対策はしない」と言い放ち(日教組で有名だった)、好きなことを話した授業が「高校の日本史が届かない」と言われる近代史、満州事変で...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 1巻
      2017/01/08

      東大話法で一躍有名になった、
      安冨氏が専門の経済史の分野から
      戦前日本を分析。
      満洲という大陸でも特殊な地域の統治に
      成功したことが、その後の日本の
      戦略を誤らせた可能性を示唆。

      さらに、事態を悪化...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 1巻
      2021/04/26

      「大豆・満鉄・総力戦」
      バブル期の日本はまるで満州国のようだと先生が言ってたので、歴史に興味ないけど満州国の本を読んでみた。
      けど、バブル期の日本と満州国の共通点はよくわからなかった。過剰なインフレに...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード