文筆家は純愛な仕置きで永遠を契る

完結

著者:小峰こん

322円(税込)
ポイント 3pt

「琴牛」という名で活躍する小説家・堤大雅は、下働きである島田清と爛れた関係であった。しかしここ3日間、清に見向きもせず、部屋に籠りっきりで執筆をしていた。清は寂しく思いながら買い物に出かけると、祝賀会で出会った挿画家・赤江文人に偶然出会う。家に誘われた上に、絵のモデルを頼まれてしまう清。堤への贈り物を買うため、お給金欲しさに快諾してしまう。しかしモデルと称してアソコに媚薬を塗られ、さらにはデッサン用の木炭を突っ込まれて、全身が疼いてしまい!?赤江から逃れ、堤の元へ帰ることはできるのか!? 文筆家シリーズが堂々完結!

続きを読む
  • 文筆家は独占と溺愛の果てに 全 3 巻

    未購入巻をまとめて購入

    文筆家は独占と溺愛の果てに 全 3 巻

    966円(税込)

レビュー

レビューはありません。

セーフモード