雨だれの頃

桃子すいか

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

優と美市は、優の引っ越しが決まるまで毎日のように一緒にいたご近所さんだった。中学に上がり、約束どおり美市のとなりへ戻って来た優だが学園の高等部には上がらず、外部受験を考えているという。ずっと一緒だと思っていた優の目には、別の何かが映っている。そのことが腹立たしくて、寂しくて、羨ましい。自分の胸はこんなにも、優でいっぱいなのに――。表題作[雨だれの頃]、二人のその後を描いた[エンゲージキーホルダー]に加え、優の友人・宿崎の淡い恋[春の息]を描き下ろしで収録。

続きを読む
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

  • 2015/06/23Posted by ブクログ

    ちくちくする!切ない!あの頃僕らは確かに恋をしていた...あの頃の記憶は~おまえもそうであってほしいと思うよ、とか......どうなったんだ......絶対もう一緒にいないだろうけどどうなったんだ.....

    続きを読む
  • 2015/07/06Posted by ブクログ

    すごい、青春。学校が離れることで上手くいかないことはやっぱりあるだろうけど、2人がおじいちゃんになるまで一緒にいられたらいい。それこそ、どんな形でも。それが恋じゃなくなっても。

[{"item_id":"A001536996","price":"660"}]

セーフモード