【最新刊】まだGHQの洗脳に縛られている日本人

まだGHQの洗脳に縛られている日本人

1冊

著:ケント・ギルバート

1,400円(税込)
1%獲得

14pt(1%)内訳を見る

    「WGIPをご存知ですか? あなたの歴史観は根本から間違っているかもしれません」と本書の帯で謳うのは、40年近く日本に住む米国人弁護士のケント・ギルバート氏だ。戦後占領期にGHQ(連合国軍総司令部)は、日本に施した「ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム(WGIP)」というマインド・コントロールによって日本人を徹底的に洗脳し、「愛国心」と「誇り」を奪った。それから約70年、日本人はその洗脳にいまだ縛られており、それに乗じて近年では中韓の反日工作が凄まじいが、それらがとんでもない捏造であり、悪質なプロパガンダにすぎないことを確信した著者は読者に、こう強く訴える。<一方的な「嘘」や「プロパガンダ」に負けないでください。そして、今こそ日本人としての「愛国心」と「誇り」を取り戻してください。そのために必要な「知識」を学び、それを堂々と主張できる「勇気」を持ってください。全日本人、必読!

    続きを読む
    提供開始日
    2015/06/19
    出版社
    PHP研究所
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    3.7
    8
    5
    3
    4
    1
    3
    3
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/01/20Posted by ブクログ

      いわゆるGHQによるウォーギルトインフォメーションプログラムの影響を、日本人がいまだにひきずっているので、早く脱却する必要があるぞという内容。しかし何故ケントギルバートはここまで日本がすきなのだろう。

    • 2017/08/16Posted by ブクログ

      WGIP ウォーギルトインフォメーションプログラム

      GHQが定めた30項目の報道規制はなかなか衝撃。

      通州事件
      通化事件
      生田警察署襲撃事件
      富坂警察署襲撃事件
      八紘一宇

      へぇー韓国って最初漢字...

      続きを読む
    • 2016/11/28Posted by ブクログ

      https://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-82524-3

    開く

    セーフモード