面白くて眠れなくなる人体

著:坂井建雄

1,200円(税込)
1%獲得

12pt(1%)内訳を見る

    人体は最大のミステリー。我慢したオナラはどうなる? 血管は日本列島の二倍も長い? 鼻の孔はどうして二つある? 男女をわける遺伝子のスイッチなど、身近な疑問・話題を入り口に、人体のふしぎ・奥深さがわかる一冊。知れば知るほどミステリアスな人体の世界へようこそ。本書の目次より/誰かに話したくなる人体のはなし/とても器用なノド/胃の容量はどれくらい?/ウンコは食物のカスではない/オシッコの色が違うのはなぜ?/クシャミとセキとシャックリはどう違う?/医学とギリシャ神話の意外な関係/揺れる電車の中でも本が読めるのは……/人はどれだけの音に耐えられる?/ビンの蓋やネジが右回しの理由/力士は肩コリが少ない…

    続きを読む

    レビュー

    3
    11
    5
    2
    4
    1
    3
    4
    2
    4
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/07/15Posted by ブクログ

      この本の内容を記憶するのはかなり難しいと思われる。ただ、今までに不思議だなとかなんでなんだろと思ったことが概要レベルでいろいろ紹介されている。逆説的ではあるが、知りたいことをいろいろ調べ始めるとキリは...

      続きを読む
    • 2016/12/25Posted by ブクログ

      楽しいんだけど、なんて言えば良いか、申し訳ないけど、知った内容が多かったというのが事実。そのため、ワクワクするような感覚よりは、あーそう言えば、という感覚。一つ一つのテーマを掘り下げていくような本の方...

      続きを読む
    • 2015/12/17Posted by ブクログ

      人体についての雑学本。
      知っていそうで知らなかった話が多く、ためになりました。

      人の体はつくづく、うまいことできてるなぁ…と子供みたいに感心してしまった。

    開く

    セーフモード