【最新刊】牛乳屋テヴィエ

牛乳屋テヴィエ

ショレム・アレイヘム作/西成彦訳

990円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ユダヤの伝統と信仰を墨守してつましく暮らす牛乳屋のテヴィエ.だが彼の娘たちは旧弊な考え方の父に逆らい,異教徒や革命家の青年などと結婚し,次々と親元を離れてゆく.ユダヤ人集落(シュテートル)のしきたりを破って伝統の枠から飛び出してゆく娘たちの姿に民族離散(ディアスポラ)の主題を重ねた,イディッシュ文学の金字塔.『屋根の上のバイオリン弾き』の原作.

    続きを読む
    提供開始日
    2015/06/18
    連載誌/レーベル
    岩波文庫
    出版社
    岩波書店
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(3件)
    • 牛乳屋テヴィエ
      2012/12/18

      「屋根の上のバイオリン弾き」の原点。イディッシュについてあまり理解が深くない私にはたまにわからないことがあるが、信仰、そして生活、なんだか無性に悲しい気分になる。このディアスポラを日本の「家」の崩壊に...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 牛乳屋テヴィエ
      2019/01/19

      「屋根の上の」の原作。今回初めて原文からの日本語訳。読む前は結構斜に構え「さあ、こい!」という感じで挑みましたが、感触違いました。

      自家製の乳製品を行商して生活し家族を養う主人公。この人物に出来事が...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 牛乳屋テヴィエ
      2012/10/29

      「毎日新聞」2012年10月28日付朝刊の書評で
      知りました。
      (2012年10月29日)

      amazonで注文していたのが、届きました。
      (2012年10月31日)

      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード