【最新刊】黄昏の百合の骨

麦の海に沈む果実

恩田陸

726円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    強烈な百合の匂いに包まれた洋館で祖母が転落死した。奇妙な遺言に導かれてやってきた高校生の理瀬を迎えたのは、優雅に暮らす美貌の叔母2人。因縁に満ちた屋敷で何があったのか。「魔女の家」と呼ばれる由来を探るうち、周囲で毒殺や失踪など不吉な事件が起こる。将来への焦りを感じながら理瀬は――。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/06/12
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫
    • 麦の海に沈む果実 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      麦の海に沈む果実 全 2 巻

      1,511円(税込)
      15pt獲得

    レビュー

    4.1
    847
    5
    350
    4
    321
    3
    155
    2
    19
    1
    2
    レビュー投稿
    • 2007/12/04Posted by ブクログ

      ●先に関連付けをしておこう。(本書をより楽しむために、です)
       『図書館の海』 に収録されている「睡蓮」に登場した、
       理瀬の2人の従兄弟、稔と亘が出てきます。
       また、『麦の海に沈む果実』は、本書の...

      続きを読む
    • 2020/04/07Posted by ブクログ

      読み終わった後に「黎二…」と声が漏れた。「蒲公英草子」でも似たような気持ちになってたな。

      寮生活はハリーポッターを連想させるが、あれにあるワクワクさはない。むしろ次は誰がいなくなるのか?という不安で...

      続きを読む
    • 2019/12/15Posted by ブクログ

      不思議な既視感。不思議な既読感。
      初めてなのに見たことがある灰色の湿原、初めて読んだのに理瀬の同室者の名前を知っている。先に「三月は深き紅の淵を」の回転木馬を読んだからというのが単純な理由ですが同じ本...

      続きを読む
    開く

    セーフモード