戦国武将・人気のウラ事情

著:鈴木眞哉

679円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    信長は人気がなかった!? 明治の英雄番付からも見えてくる名将たちの意外な評価。信玄と謙信は互いをどう見ていたか? 金ケ崎の退き口で殿を務めたのは秀吉だけではなかった!? 武田二十四将は適当に決められた!? 名将、知将、勇将、姦雄、忠臣……後世の人間に貼られたレッテルは、武将の人気を大きく左右する。しかしそこには、事実無根のオベッカや買いかぶり、つくられた功名や悪評が潜んでいるかもしれない。いまでは意外な存命中の評価がどうして変わったか、武将イメージの<通説>を疑う。信長・秀吉・家康、だれがいちばん人気があった? 私たちの勘違いが明かされる57のエピソード。

    続きを読む

    レビュー

    3.3
    3
    5
    1
    4
    0
    3
    1
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2011/04/21Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2010/03/26Posted by ブクログ

      「戦国武将・人気のウラ事情」 著者:鈴木眞哉



      「篤姫」に続き「天地人」も見ています。



      秀吉が他の武将を評した面白いエピソードが。

      天下を取る三要素のバランスをもつものは見当たらんが

      ...

      続きを読む
    • 2008/07/09Posted by ブクログ

      読み物としては面白いけどね。
      説得力に欠けるんだよね。
      あと自著の宣伝が目的ではないかと思われるほど別の本の名前が出てくる。
      作者は典型的な老害爺だね。

    セーフモード