韓非子―強者の人間学

著:守屋洋

1,500円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    諸葛孔明が座右に置いた帝王学の書『韓非子』。それは人間の実態を冷徹に見据え、権力や組織のあり方を説く。性善説で生きるか、性悪説で生きるか。リーダーはもちろん競争社会を生きる上で必読の叡智をわかりやすく解説。【主な内容】韓非とその思想(人間不信の哲学/強者の組織管理/韓非の生涯)/第一章 なぜ政治は乱れているのか(へつらい者が幅をきかせている)/第二章 どう政治を立て直すのか(「公」と「私」のケジメをつけよ)/第三章 リーダー学の要諦(臣下を使いこなすコツ/トップの心すべきこと)/第四章 「術」による統治法(トップは七つの「術」を心得よ)/第五章 組織管理のポイント(六つの「微」とは何か)/第六章 トップが自滅する原因(トップが身を滅ぼす十の過ち)/第七章 仕える側の論理(仕える者の心くばり/仕える者の苦心と論理)/第八章 現実を生きる人間学(人間学の機微/人間関係の現実/現実に対処する知恵)

    続きを読む

    レビュー

    • 2011/11/25Posted by ブクログ

      人の上に立つものは人を使える人物
      そのために「賞と罰」をもつ
      そして人を見抜く
      人の本質は「悪」そして「利」
      この二点を活用することが支配できる

    • 2013/03/08Posted by ブクログ

      公と私のケジメをつけよ。「私」は、みずから(ム)を囲むもの、「公」はみずから(ム)に反するもの。
      儒家のいう恩恵を尊重したり、ぼ墨家の主張する兼愛を信じるのは国を滅ぼす。
      法と術による政治をめざせ。
      ...

      続きを読む
    • 2011/08/05Posted by ブクログ

      倫理だけでは人はうごかない。人は権力、暴力、利益が絡み合って動くものだ。孔子の弟子たちは結局、官僚組織を作り、自らの保身を図るばかりだ。それならばいかに官僚組織を動かしていくかと考えるべきではないかと...

      続きを読む
    [{"item_id":"A001535108","price":"1500"}]

    セーフモード