世界一わかりやすい「論語」の授業

著:一条真也 編:造事務所

630円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    2500年の時空を超えて、笑いあり涙ありの伝説の講義が現代に蘇える! 本書では、山奥の学校で教鞭をとる孔子先生が、個性豊かな5人の弟子たちに『論語』を伝授します。「勉強が大の苦手、子路」「お金儲けに目がない、子貢」「成績ナンバー1の秀才、顔回」「クラスのムードメーカー、冉有」「自分勝手な問題児、宰我」といったように、あなたに似た弟子がきっとみつかるでしょう。「大事なのは、読書と実践と誠実と信義の4つだけ」「立派な人は、人と調和しようとするが、決して人に流されたりはしない」「どうすれば親孝行ができるのか? それは、病気以外のことで親に心配をかけないことだ」など、マンガと超訳を駆使し、難しい金言が手に取るようにわかる! 白熱の授業がついに開講!

    続きを読む

    レビュー

    4
    2
    5
    1
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2014/06/27Posted by ブクログ

      読了。恩師であるN先生は孟子や孔子の教えから学ばれていた。私もちょっとずつ…。
      言よりも行を大事する。私に欠けています。

      「子路,政を問う。子の曰わく,これに先んじ,これを労す。益を請う。曰わく,倦...

      続きを読む
    • 2013/01/07Posted by ブクログ

      いま『論語』が注目されています。
      現在の先の見えない時代背景と過去の多くの歴史上のリーダーたちに、
      人間学の指標として読まれてきたことも一因としてあるようです。

      しかし、なんとなく孔子や論語と聞くと...

      続きを読む

    セーフモード