従属国家論 日米戦後史の欺瞞

著:佐伯啓思

730円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    昨今メディアを賑わせている集団安全保障、憲法改正論議には、現代日本をつくった「戦後の初発」という視点がすっぽりと抜け落ちている。日本の「戦後」とはいかにして始まったのか。実はそこには、大いなる欺瞞(ぎまん)が隠されていた。それを直視しない限り、ほんとうの憲法改正論議などできないのだ。本書では、戦後の始まりから平和憲法、構造改革からTPPに至るまで「戦後日本」を規定してきた「日米の非対称的な二重構造」を丹念に描き出す。なぜ、保守も革新も自ら進んでアメリカに追従してきたのか。なぜ、沖縄の基地はやめられないのか。なぜ、規制緩和の大合唱が起きるのか。それはわれわれが、意識している、いないにかかわらず、外交から政治・経済政策、言論に至るまで常にかの国の顔色を窺わなければならない「従属国家」だからである。だが、覇権争いとでも称すべき冷戦後の世界において、こうした「意識的/無意識的なアメリカ追従」はもはや最良の道ではなくなった。戦後70年間日本人が抱え続けてきたディレンマを鮮やかに切り取り、これから我々が進むべき方向を指し示す。現代を代表する思想家が放つ、待望の戦後論!

    続きを読む

    レビュー

    • 2015/05/28Posted by ブクログ

      佐伯啓思氏の持論が展開された本であり、今国会で論議されている欺瞞がよく理解できる内容だ。

      ポツダム宣言受諾、GHQによる占領、サンフランシスコ条約へと進む、アメリカ的価値観への盲目的従属。

      日本の...

      続きを読む
    • 2015/06/06Posted by ブクログ

      アメリカという外の軍事力によって日本の安全を確保した上で、内においてはいっさい武力行使を放棄するという平和国家なのです。このことそのものが矛盾であり、欺瞞なのです。

      普遍 universal uni...

      続きを読む
    • 2015/11/29Posted by ブクログ

      1952.4.28のサンフランシスコ講和条約で日本が占領体制から独立したことになっているが、実はアメリカの戦略によって、完全な主権を持つことができなかったという事実が、その後の日本の様々な問題の根源に...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001534900","price":"730"}]

    セーフモード