梅原猛の仏教の授業 法然・親鸞・一遍

著:梅原猛

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 330(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

獲得

生きとし生けるものすべては成仏できる――。鎌倉時代に生まれた浄土仏教は、衆生救済のみならず、悪人でさえも念仏を唱えれば必ず救われると説く革命的な思想であった。本書は、日本思想を長年研究してきた著者が、法然・親鸞・一遍という3人の宗祖の峻烈な人生とその思想の系譜を読み解く。「観想念仏」から「口称念仏」へと転じて民衆に極楽往生の門を開いた法然。「御影」と呼ばれる肖像や伝記『醍醐本』をもとに、法然の原点を辿る。なぜ親鸞は法然の弟子となり、「悪人・女人救済」の仏道を説いたのか。「親鸞は源頼朝の甥だった」という視点に立つと、親鸞の4つの謎が解ける。すべてを捨てて遊行の旅へ出た一遍。彼が踊り念仏に辿り着いた経緯を、「漂泊」「捨聖」「詩歌」「踊り」というキーワードから探る。「梅原日本学」を打ち立てた知の巨人が、生き方や死に方、そして21世紀を生きるヒントとしての「共生」の思想について語った一冊。

続きを読む
新刊を予約購入する

レビュー

レビューコメント
  • 碩学・梅原先生が「法然ラヴァー」であることを堂々告白するところがこの本のヤマ場だ。どうやら、梅原さんは法然さんの「心の闇」に共振したらしい。実は親鸞さんより先に悪人正機の考えを表明していた法然さん。温...

    続きを読む
  • 哲学者・梅原猛先生の講演を再編した一冊です。全編を通してお人柄が滲むような柔らかい語り口が印象的です。しかしその考察は文献に裏打ちされ、長年の研究を経て鋭く精悍なものとなっています。親鸞の章では、生涯...

    続きを読む
  • 浄土宗の開祖である法然、浄土真宗の親鸞、そして時宗の一遍の生い立ち、思想、活動内容などをわかりやすく記した伝記。それぞれの仏教界の偉人の人柄や煩悩なども垣間見えて、親しみを感じられた。著者がひとつの宗...

    続きを読む
  • 思想としての天台と実践、布教としての浄土宗。鎌倉時代の前も末法でしたが、あるいみ今の日本も同じかそれ以下、、、、

  • 一遍上人について書かれた書物を探している時に本著に出会ったが、今までの観念に囚われない新たな説がいくつも現れて驚かされた。それもトンデモ論ではなく、ちゃんと引いた書物を紹介した上での説得力ある説。日本...

    続きを読む

セーフモード