プレゼンテーションの教科書 第3版

著:脇山真治

3,080円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    本書はパフォーマンスや発表の技術、身体動作、リハーサルなど商談で勝つプレゼンの“総合力”を独自の視点で取り上げています。TEDのスピーチ事例や東京オリンピック招致の勝因も分析。目先のテクニックや最新機器の活用に頼るのではなく、コミュニケーションとして聞き手にどのように受けとられるか、効果的に伝わるかといった聞き手本位の観点から論じています。また、プレゼンテーションを計画、準備と情報収集、人、技術、訓練などを総合化した行為としてとらえて「プレゼンテーション関数」として表現し、その関数の要素を関連させることで把握できるように工夫されています。多くのビジネスパーソンに読んでいただきたい一冊です。

    続きを読む

    レビュー

    • 2017/01/19Posted by ブクログ

      プレゼンテーションについてトータルにまとめられた本。パワポの見栄えがどうこうといった小手先のテクニックだけではなく、言葉の使い方、プレゼンターの選び方、準備など基本的なことや、スライドについても、はじ...

      続きを読む
    [{"item_id":"A001534484","price":"3080"}]

    セーフモード