いま、会いにゆきます

市川拓司

627円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    感動の大ベストセラー、待望の電子化!タイトルの意味を知ったとき、その言葉に込められた強く切ない思いに、きっと涙すると思います。「おはよう」とか「おやすみ」とか「行ってらっしゃい」とか、そんなささやかな日常にこそ幸福はある。「愛してる」と言える人がいるだけで人はこんなにも幸福になれる。そういうシンプルな真実をファンタジックな物語に仕立て、単行本刊行時には「感涙度100%」と評された傑作恋愛小説です。未読の方はぜひこの機会に読んでみてください。

    続きを読む

    レビュー

    3.9
    59
    5
    22
    4
    17
    3
    16
    2
    2
    1
    2
    レビュー投稿
    • 2020/03/22Posted by ブクログ

      ある町で秋穂巧は1年前に亡くした妻 澪と
      遭遇する。
      彼女が生前に残した言葉
      雨の季節にまた戻ってくるからを気になっていたまま彼女は話の通り現れることになる。
      が、彼女は記憶を残しており、
      夫の秋穂巧...

      続きを読む
    • 2020/03/16Posted by ブクログ

      純粋な、純愛な爽やかなストーリーです。
      昔にみた映画の予告で、亡くなった奥さんが蘇るファンタジーもの、というイメージしかありませんでした。タイトルそのままで。でも、そんな単純な話しでもなく、よくできた...

      続きを読む
    • 2020/03/14Posted by ブクログ

      題名の意味を一番最後に納得できる、繊細で心が動かされるストーリー。
      感情移入してしまうととても悲しく切なくなってしまい、パートナーや家族を大切に今をしっかり生きようという気持ちにさせてくれる。

    開く

    セーフモード