【最新刊】落語の履歴書 語り継がれて400年(小学館101新書)

落語の履歴書 語り継がれて400年(小学館101新書)

山本進

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    落語史の泰斗が描く、話芸400年の軌跡!「落語ブーム」と言われはじめて7、8年。中堅・若手落語家のなかにも、将来が楽しみな逸材が目立つようになりました。落語の前途は安泰に見えますが、果たしてどうでしょうか。落語は、演じ手だけで成り立つ芸ではありません。いつの時代も、落語には必ず聴き手がいて、聴き手の感覚が変わることで、落語そのものも変わってきました。落語には、「優れた聴き手」もまた、不可欠なのです。本書では、芸能史研究60年という著者が、戦国末期から現代まで、約400年の落語の歩みを一望。豊富な資料をもとに、「落語のようなもの」の誕生と発展、圓朝による「近代落語」の成立などを平易に解き明かします。さらに、いつも話題を呼ぶ「真打制度」の変遷や、人情噺/滑稽噺の精確な区分、寄席の看板の種類と意味など、長年のファンにも興味深いコラムを満載。笑いを主体としながらも、ただ笑わせればいいというものでもない、伝統を背負った話芸の深みに触れることができます。昨今のブームで落語にハマった人から、ホール落語の常連さんまで、すべての落語ファン必携、座右の落語史です。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/06/05
    連載誌/レーベル
    小学館101新書

    レビュー

    3
    2
    5
    0
    4
    0
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/10/04Posted by ブクログ

      「落語の履歴書」山本進さん。小学館。2012年。

      これまた、ついふらっと買ってしまった、「落語雑学本」。申し訳ないけれど大きな期待もせずにふらふらっと読みました。
      まあつまり、駆け足の「落語通史」で...

      続きを読む
    • 2012/11/10Posted by ブクログ

      山本進さん『落語の履歴書--語り継がれて400年』読了。

      ブームが続く落語ですが、
      その誕生からの流れをまとめて読むのは今回が初めてです。

      昔は大げさな仕掛けのある噺があったこと、
      怪談噺や人情噺...

      続きを読む

    セーフモード