【最新刊】神社検定公式テキスト10『神話のおへそ『日本書紀』編』

神社検定公式テキスト

神社本庁

1,760円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    平成24年から、神社本庁監修による「神社検定」が始まりました(主催/一般財団法人日本文化興隆財団)。神社本庁とは、全国約八万の神社を包括する組織です。令和2年6月には、「第9回 神社検定」が行われます。毎回、テーマが設けられ、令和2年の3級のテーマは「神社の基礎と日本書紀」、2級のテーマは「神社の歴史と神話」、1級は特にテーマを設けず、指定の神社検定公式テキストから総合的に出題されます。この公式テキスト10『神話のおへそ『日本書紀』編』は、公式テキスト2『神話のおへそ』の姉妹版です。公式テキスト2『神話のおへそ』が『古事記』を中心に神話の解説を行っていたのに対し、このテキストでは、そのタイトル通り『日本書紀』を中心に解説しています。一口に神話といっても、『古事記』と『日本書紀』に掲載されている内容は、主要な部分は同じであっても、その細部において大きな違いがあります。その違いが分かるように編集されていて、しかも、混乱しがちな神様の系譜も図で整理しています。まさに神話を理解するにはうってつけの本といえます。令和2年の試験では、このテキストは3級と1級試験で使われます。目次第1章 『日本書紀』とは?第2章・3章 『日本書紀』が伝える神代の世界第4章 『日本書紀』が伝える歴代天皇の事跡第5章 歴史の中の『日本書紀』定価:本体2000円(税別) A5判 292ページ神社検定公式テキストシリーズ公式テキスト1『神社のいろは』(3級・2級用)公式テキスト2『神話のおへそ』(3級・2級用)公式テキスト3『神社のいろは 続(つづき)』(2級用)公式テキスト4『遷宮のつぼ』(2級用)公式テキスト5『神社のいろは要語集 宗教編』(1級用)公式テキスト6『日本の祭り』(3級・2級用)公式テキスト7『神社のいろは要語集 祭祀編』(1級用)公式テキスト8『万葉集と神様』(3級・2級用)公式テキスト9『神話のおへそ『古語拾遺』編』(3級・2級用)公式テキスト11神社のいろは特別編『伊勢神宮と、遷宮の「かたち」』(3級・2級用)季刊誌『皇室』シリーズ

    続きを読む
    提供開始日
    2020/04/02
    連載誌/レーベル
    扶桑社BOOKS
    出版社
    扶桑社
    ジャンル
    趣味・実用
    • 神社検定公式テキスト 全 6 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      神社検定公式テキスト 全 6 巻

      9,900円(税込)
      99pt獲得

    レビュー

    3.8
    13
    5
    2
    4
    8
    3
    2
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/08/05Posted by ブクログ

       神社というものそこに存在しているだけのものではなかった。

       毎日、神社は神事をしている。それはすべての人のための無償の奉仕、この考えが変わるとこの国はどこに行ってしまうのかわからない。
       
       とい...

      続きを読む
    • 2012/04/01Posted by ブクログ

      神社検定の公式本の一冊。
      受ける受けないは別として、分かりやすくまとめてあるので思わず買ってしまった。

      神社のいろはは古事記のお話をベースにすすんでいく。
      相変わらず沢山の神様の名前がでてくるけど、...

      続きを読む
    • 2013/11/13Posted by ブクログ

      神社検定なるものがあるそうです。この本はそのテキスト。
      パワースポット巡りが流行ってますからね、それにともない神社への参拝者も増していったのでしょうか?!

      今週末伊勢旅行なんです。もちろん伊勢神...

      続きを読む
    開く

    セーフモード