空き家問題

牧野知弘

715円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    地方も都会も、日本じゅう空(から)っぽの家ばかり!あと15年で1000万人減る人口。20140年には、10軒に4軒が空き家になる!住宅は、これからますます、コストばかりがかかる、無用で厄介なものになっていく。では、われわれはいったいどうすればよいのか……。第5回(平成26年度)『不動産協会賞』受賞、話題騒然のベストセラー、待望の電子化!

    続きを読む

    レビュー

    • 2014/08/02Posted by ブクログ

      「住めば?」「住めません。」 「売れば?」「売れません。」 「貸せば?」「借り手がいません。」 「建て直せば?」「膨大な費用が掛かります。」 「更地にすれば?」「固定資産税が6倍に跳ね上がります。」 ...

      続きを読む
    • 2015/12/09Posted by ブクログ

      不動産市場の最前線で、活躍してきた著者だから見通せる日本の空き家問題。
      まず、第1章で 増加し続ける日本の空き家 の実情をデータで示しながら、諸問題を列挙。
      第2章で 空き家がもたらす社会問題 という...

      続きを読む
    • 2015/10/18Posted by ブクログ

      2040年には空き家率が40%台を超える!?土地付戸建や区分所有マンションといったわれわれ日本人の一億総マイホーム所有信仰終焉の警鐘を鳴らす一冊です。それはマイホーム所有の価値のすべてが終焉するという...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001533688","price":"715"}]

    セーフモード