WILDERNESS No.4

WILDERNESS編集部

700円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

    巨大岸壁への挑戦。 テーマは「初めて体験する大自然との感動的な出会い」。圧倒的な自然事象を求めた国内外の旅を多数紹介。知的好奇心旺盛なアウトドア好きに届けたい、カジュアルなアウトドアの“その先”を発信します。 ●Mapping the world ハワイ・マウイ島●ニュージーランド・ワカナ湖●ネパール・マカルー地域●ノルウェー・ヨーテンハイメン●目次●Northern Adventure 新谷暁生と知床の海。●特集 twelve days in Yosemite クライマーの憧れ、ヨセミテの大岩壁へ。●THE NOSE 「エル・キャピタン・ノーズ」 夢への挑戦、垂直の4日間。●ヨセミテの登攀史●HALF DOME SNKE DIKE●ヨセミテ・クラシックス UNDER 5.10●マルチピッチ6ルート OVER 5.10●BOULDERING SMALL GUIDE●TREKKING●VALLEY MAP●ヨセミテへの旅のヒント●CLIMBER’S PORTRAIT ヨセミテで出会ったクライマーたち●風の人、真下薫之。 文◎麻生弘毅●Forward stroke1「出発の決断」 文◎齊藤正史●Forward stroke2「北緯86度22分の決断」 文◎大木ハカセ●北岳バットレス初滑降の5時間 スキーアルピニスト三浦大介 文◎寺倉力●Baidarka 北方 民族の魂を受け継ぐ手漕ぎ船「バイダルカ」 文◎高橋庄太郎●サムライ、海を渡る。 A story of the SAMURAI in Bozeman●ケモノ道 KEMONOMICHI●25日間、雨が降らなかった砂漠地帯を旅する●現在進行形 日本人の冒険と探検 いま、極地へ。●雪と氷の北極圏 500km 徒歩行 文◎阿部雅龍●北極圏従歩行の相棒ギア●日本人による極地冒険の軌跡 文◎萩田泰永●Special Talk Session 冒険家の日常とは? 荻田泰永×角幡唯介●探検家・角幡唯介の特殊装備●厳冬期マッケンジー 氷上の23日間 文◎関口裕樹●火星に一番近い男 村上祐資 文◎大木ハカセ●チャッタークリークに遊ぶ●The world of BUSHCRAFT それはサバイバルではなく、古代より続く森での生活技術 文◎荒井裕介●流れる海と千の島 Beyond the tidal current 文◎ホーボージュン

    続きを読む
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード