西行桜

火坂雅志

671円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    若狭小浜の領主・国枝権太夫の邸で能を舞っていた世阿弥はふりしきる桜から霊気をおぼえ、禁呪の法である“反閇”を踏んだ。領主の奥方が桜谷からこの枝垂れ桜を植え替えて以来、奇病に伏しているという。桜谷を訪れた世阿弥が知った驚くべき事実とは! 呪術にかかった男女を、世阿弥が、闇源氏が、元三大師が解き放っていく。書き下ろし長篇『全宗』で、現在最も注目を浴びている作家の時代ホラー傑作集。

    続きを読む

    レビュー

    • 2005/01/09Posted by ブクログ

      能の大成者、世阿弥。平安末期の皇族の末裔の闇源氏。の陰陽師顔負けの幽玄の世界。
      陰陽道が世に広まる以前の、呪禁道を取り入れたという能。『返ばい』という足踏みの動作が、あるのだが、それに鎮めの意味がある...

      続きを読む
    • 2010/09/07Posted by ブクログ

      3章に分かれており、それぞれ主人公が違います。
      Ⅰは能楽師・世阿弥元清(ぜあみもときよ)がメインの作品が3篇。
      Ⅱは平安京随一の「狩籠師(かりごめし)」(退魔師)の
      源霞(みなもとのかすみ)こと闇源氏...

      続きを読む
    • 2017/08/13Posted by ブクログ

      ホラー漫画ですね。妖怪は好きなんだけど、その小説となるとちょっと苦手かもです。あとがきで作者が書いているように、当たり前に病院がある現代からは想像が難しいけど、体調不調の原因は魑魅魍魎に求められていた...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001533487","price":"671"}]

    セーフモード