【完結済み】織田信長(1) 無門三略の巻

織田信長

完結

5冊

山岡荘八

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    吉法師(信長)は、奔放奇抜な振るまいで家中のひんしゅくを買う“うつけ者”。だが、燕雀いずくんぞ鴻鵠の志を知らん。手始めは尾張織田の統一だ。美濃の梟雄斎藤道三から娘の濃姫を娶った信長は、アンチ信長派の旗印となっている弟の殺害を決意した。戦国の世に彗星のごとく出現した驕児の若き日々。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/06/05
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫
    • 織田信長 全 5 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      織田信長 全 5 巻

      3,300円(税込)
      33pt獲得

    レビュー

    3.9
    83
    5
    23
    4
    33
    3
    24
    2
    3
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/06/18Posted by ブクログ

      信長の前途は明るい。叡山、本願寺の焼打ちでは仏敵の汚名は着ても、立ちふさがる敵は、武田勝頼、中国毛利、そして上杉謙信のみ。その謙信が死ぬ。長篠の合戦で武田軍を追い散らした信長の天下統一は目前。だが──...

      続きを読む
    • 2019/06/18Posted by ブクログ

      朝倉義景攻めで越前に入った織田・徳川連合軍の背後で、浅井長政が叛いた。妹婿を信じた不覚。生命からがら京へ戻った信長は、ついに叡山の焼打ち、皆殺しに踏みきった。これが武田信玄の上洛を促す。その途上での信...

      続きを読む
    • 2019/06/18Posted by ブクログ

      今川義元を討った信長の武名は、いちやく天下に轟いたが、諸国はまだ彼の天下統一の野望までは知らない。三河の松平元康(徳川家康)と同盟を結んだ信長は、戦国武将として始めて入洛。堺では大量の鉄砲を仕入れ、次...

      続きを読む
    開く

    セーフモード