峠(上中下) 合本版

司馬遼太郎

2,386円(税込)
1%獲得

23pt(1%)内訳を見る

この作品はブラウザでは読めません。アプリでお楽しみください

    幕末、雪深い越後長岡藩から一人の藩士が江戸に出府した。藩の持て余し者でもあったこの男、河井継之助は、いくつかの塾に学びながら、詩文、洋学など単なる知識を得るための勉学は一切せず、歴史や世界の動きなど、ものごとの原理を知ろうと努めるのであった。さらに、江戸の学問にあきたらなくなった河井は、備中松山の藩財政を立て直した山田方谷のもとへ留学するため旅に出る。 ※当電子版は『峠』(上)(中)(下)の全三巻をまとめた合本版です。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード