峠(下)(新潮文庫)

司馬遼太郎

723円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    開明論者であり、封建制度の崩壊を見通しながら、継之助が長岡藩をひきいて官軍と戦ったという矛盾した行動は、長岡藩士として生きなければならないという強烈な自己規律によって武士道に生きたからであった。西郷・大久保や勝海舟らのような大衆の英雄の蔭にあって、一般にはあまり知られていない幕末の英傑、維新史上最も壮烈な北越戦争に散った最後の武士の生涯を描く力作長編。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード