【最新刊】峠(上中下) 合本版

峠

司馬遼太郎

2,431円(税込)
1%獲得

24pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

この本はアプリ専用です

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    幕末、雪深い越後長岡藩から一人の藩士が江戸に出府した。藩の持て余し者でもあったこの男、河井継之助は、いくつかの塾に学びながら、詩文、洋学など単なる知識を得るための勉学は一切せず、歴史や世界の動きなど、ものごとの原理を知ろうと努めるのであった。さらに、江戸の学問にあきたらなくなった河井は、備中松山の藩財政を立て直した山田方谷のもとへ留学するため旅に出る。 ※当電子版は『峠』(上)(中)(下)の全三巻をまとめた合本版です。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/06/05
    連載誌/レーベル
    新潮文庫
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    歴史・時代
    • 峠 全 3 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      峠 全 3 巻

      2,431円(税込)
      24pt獲得

    レビュー

    レビューコメント(255件)
    • 1巻2016/08/21Posted by ブクログ

      司馬遼太郎の長編作品は、2012年の1月に読んだ「項羽と劉邦」以来。おおよそ4年ぶりの長編作品として手に取った本書は、期待以上の素晴らしい作品でした。上中下の全3巻。

      本書の主人公は、越後長岡藩牧野...

      続きを読む
    • 2009/09/14Posted by ブクログ

      実はこの本、今回で5回目(6回目だったかもしれない)というくらい、定期的に読み返している作品である。(これに似たポジションを占めているのは、他には「ノルウェーの森」位しかないかな)

      頭脳、胆力、行動...

      続きを読む
    • 2009/09/14Posted by ブクログ

      実はこの本、今回で5回目(6回目だったかもしれない)というくらい、定期的に読み返している作品である。(これに似たポジションを占めているのは、他には「ノルウェーの森」位しかないかな)

      頭脳、胆力、行動...

      続きを読む
    開く

    セーフモード