胡蝶の夢(三)(新潮文庫)

司馬遼太郎

766円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

ポンペの帰国とともに江戸の医学所の頭取となった松本良順は、緊張した時局の中で不眠に苦しんでいる一橋慶喜の主治医となり、阿片を用いてこれを治す。一方、語学の天才・伊之助は「七新薬」という蘭方の医書を刊行するまでになったが、その特異な性格が周囲に容れられず、再び佐渡に逼塞する。また、赤貧のなかでポンペ医学を修めた関寛斎は、請われて阿波蜂須賀家の侍医となる。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード