胡蝶の夢(三)(新潮文庫)

司馬遼太郎

781円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ポンペの帰国とともに江戸の医学所の頭取となった松本良順は、緊張した時局の中で不眠に苦しんでいる一橋慶喜の主治医となり、阿片を用いてこれを治す。一方、語学の天才・伊之助は「七新薬」という蘭方の医書を刊行するまでになったが、その特異な性格が周囲に容れられず、再び佐渡に逼塞する。また、赤貧のなかでポンペ医学を修めた関寛斎は、請われて阿波蜂須賀家の侍医となる。

    続きを読む
    • 胡蝶の夢 全 4 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      胡蝶の夢 全 4 巻

      3,168円(税込)
      31pt獲得

    レビュー

    • 2018/05/18Posted by ブクログ

      「胡蝶の夢」新潮文庫全4巻。
      司馬遼太郎さん。1976-1979新聞連載。
      幕末を舞台に司馬凌海、松本良順のふたりを中心として「蘭方医たち」を描いた長編小説です。
      不思議にしみじみと面白かったです。
      ...

      続きを読む
    • 2020/05/21Posted by ブクログ

       ポンペのもとで蘭学・医学を学んだ3人は幕末の瓦解から明治へと時代に翻弄されながらも新しい社会の中で生きて行った。
      司馬凌海(伊之助)明治12年 39歳 肺結核
      松本良順 明治40年 75歳 心臓病
      ...

      続きを読む
    • 2011/01/21Posted by ブクログ

      第三巻から徳川慶喜や新撰組が登場し、話が急展開する。松本良順はあくまで幕府の立場で活躍する。もう一人の主人公の島倉伊之助は故・佐渡に帰り時勢の中に現れない。今後彼がどう活躍するのかが非常に楽しみ。
      ...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001533238","price":"781"}]

    セーフモード