【最新刊】花神(上中下) 合本版

花神

司馬遼太郎

2,475円(税込)
1%獲得

24pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

この本はアプリ専用です

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    周防の村医から一転して討幕軍の総司令官となり、維新の渦中で非業の死をとげたわが国近代兵制の創始者大村益次郎の波瀾の生涯を描く長編。動乱への胎動をはじめた時世をよそに、緒方洪庵の適塾で蘭学の修養を積んでいた村田蔵六(のちの大村益次郎)は、時代の求めるままに蘭学の才能を買われ、宇和島藩から幕府、そして郷里の長州藩へととりたてられ、歴史の激流にのめりこんでゆく。 ※当電子版は『花神』(上)(中)(下)の全三巻をまとめた合本版です。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/06/05
    連載誌/レーベル
    新潮文庫
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    歴史・時代
    • 花神 全 3 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      花神 全 3 巻

      2,475円(税込)
      24pt獲得

    レビュー

    レビューコメント(217件)
    • 1巻2016/04/19Posted by ブクログ

      (2016.04.11読了)(2003.03.18購入)(1999.06.05・69刷)
      Eテレの「100分de名著」で「司馬遼太郎スペシャル」が放映され司馬遼太郎の作品が5つほど紹介されました。その...

      続きを読む
    • 2017/06/13Posted by ブクログ

      異端の英雄物語であり、幕末明治の歴史噺であり、悶絶のムズキュンラブストーリー。

      「花神」(上・中・下)まとめた感想メモ。

      司馬遼太郎さんの長編小説。1972年発表。
      主人公は大村益次郎(村田蔵六)...

      続きを読む
    • 2020/06/26Posted by ブクログ

      初読は高校3年生の受験直前。43年ぶりの再読です。今回も読み始めたらやめられず、睡眠時間を削って読みました。

      本書は周防の村医から一転して討幕軍の総司令官となった近代兵制の創始者大村益次郎(村田蔵六...

      続きを読む
    開く

    セーフモード