ぼっち上等!友達欲しさにいい人になるなんて言語道断。孤独だから自由なのだ。

松ノ木太吾/MBビジネス研究班

328円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    10分で読めるミニ書籍です(文章量10,000文字程度=紙の書籍の20ページ程度)「役立つ」「わかりやすい」「おもしろい」をコンセプトに個性あふれる作家陣が執筆しております。自己啓発、問題解決、気分転換、他の読書の箸休め、スキルアップ、ストレス解消、いろいろなシチュエーションでご利用いただけます。是非、お試しください。書籍紹介 まえがきよりぼっち。ひとりぼっち。人間関係を円滑にしようと努力したつもりが親切に付け込まれ利用されたり、仲間に良い顔をしようと見栄を張って借金地獄に堕ちたり。「ぼっち」が嫌で良い人を演じ、無理が祟って辛い思いをする。私はぼっちだ。昔からそうだし、今もそうだ。昔は辛かったが、今は辛くない。心を変えたからだ。ぼっちが辛くて、人に振り向いてもらいたくて愚痴を言っては哀れみを買おうとしたり、見栄を張った自身の愚かさで身を切られる思いもした。人は変わらない。自分を変えるしかない。当たり前のことだが難しい。人の良いあなたは、自分本位に生きることに罪悪を感じているだろうし、他人に対して鬼になったり蛇になるのも大変なことかもしれない。ぼっちを地獄から天国に。自分を救えるのは自分自身の心だ。「ぼっち」を受け入れたあなたは、人間関係で悩む必要のないことを知るだろう。本書では、「ぼっち」という言葉に振り回されず生きる方法を紹介していく。著者紹介 松ノ木太吾(マツノキダイゴ)たまにVシネマや映画のシナリオを書いてます。不景気の煽りを受けて、くすぶりライターとして活動中。… 以上まえがきより抜粋

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード