後悔のすすめ。後悔を先回りして悔いのない日々を。ちょっとオタクな、お坊さんが考えたこと。

網野ホウ/MBビジネス研究班

328円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    10分で読めるミニ書籍です(文章量13,000文字程度=紙の書籍の26ページ程度)「役立つ」「わかりやすい」「おもしろい」をコンセプトに個性あふれる作家陣が執筆しております。自己啓発、問題解決、気分転換、他の読書の箸休め、スキルアップ、ストレス解消、いろいろなシチュエーションでご利用いただけます。是非、お試しください。まえがき お初にお目にかかります。網野ホウと申します。自分は寺に生まれ、寺に育ち、そちら方面の学業を修めて、父親を師匠として寺の仕事をして20年くらい経ちました。結婚して息子も一人いる40代半ばです。子供のころはアニメや特撮に夢中。テレビゲームが流行った時代には自分も夢中になりました。今でも楽しんだり情報収集したりもしますけど(苦笑)。ゲームや漫画に夢中な子供を目の当たりにする親たちは、いろんな知識を身につけてほしいがために「そろそろゲームはやめなさい」「漫画じゃなく本読みなさい」そしてそれが「勉強しなさい」に発展していくわけですが、自分もよく言われました(笑)。今から20年くらい前でしょうか、あるニュースを目にしました。音楽関係の学校を卒業してピアノの教師になった女性がいました。その方はそれからは何年か経ち、とある公園の中に車を止めその中で生活するようになりました。やがて車はガソリン切れ。公園の水道で飢えと渇きをしのいでたものの、結局はその車の中で亡くなられたようです。それまでは寺の仕事をしていてもそんなサブカルチャーにまだ夢中で、本職である寺の仕事をそのように思わず、家のお手伝い感覚で仕事をしていた自分にはショ… 以上まえがきより抜粋

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード