火の鳥 【手塚治虫文庫全集】 10巻

完結

手塚治虫

756円(税込)
ポイント 7pt

通常ポイント:7pt

百済国一族のハリマは戦に敗れ、敵の手により顔の皮をはがされてしまったかわりに狼の皮をかぶせられ、そのままの姿で日本に渡ることとなった。そこで彼は犬上宿禰(いぬがみのすくね)と名乗り、時の権力者と対等に渡り合う。そんな犬上のときたま見る不思議な夢。それは光とシャドーというふたつの勢力が対立する未来の姿だった……。過去と未来が交差するストーリーを描いた、『火の鳥』最後のシリーズ「太陽編」前編を収録。 <手塚治虫漫画全集収録巻数>・『火の鳥』太陽編(手塚治虫漫画全集MT363~364『火の鳥』第14~15巻収録) <初出掲載>・『火の鳥』太陽編1986年1月号~1988年2月号 野生時代連載

続きを読む
  • 火の鳥 【手塚治虫文庫全集】 全 11 巻

    未購入巻をまとめて購入

    火の鳥 【手塚治虫文庫全集】 全 11 巻

    8,316円(税込)

レビュー

4.6
3
5
2
4
1
3
0
2
0
1
0
  • 2013/07/26Posted by ブクログ

    太陽編の前編を収録。 白村江の戦いなど、それほど有名でない時代を、自分なりに解釈しスケールの大きい話になっている。

  • 2013/07/14Posted by ブクログ

    10巻と11巻は繋がった話になっていた。 大海人皇子と大友皇子が争った時代とその1000年後を繋いだ、一言で言えば大河コミックといった印象。 2つの時代を交互に描きながら、「宗教とそれを利用したがる政...

    続きを読む
  • 2012/04/18Posted by ブクログ

    百済国一族のハリマは戦に敗れ、敵の手により顔の皮をはがされてしまったかわりに狼の皮をかぶせられ、そのままの姿で日本に渡ることとなった。そこで彼は犬上宿禰(いぬがみのすくね)と名乗り、時の権力者と対等に...

    続きを読む

セーフモード