火の鳥 【手塚治虫文庫全集】 3巻

完結

手塚治虫

756円(税込)
ポイント 7pt

父の名を受け川上タケルを討つべく旅だったヤマト・オグナだったが、タケルやその妹のカジカに会うことでタケル暗殺に悩み苦しむ……。そんななか、ヤマトは火の鳥から生き血をもらうこととなった! 古墳時代を舞台にした「ヤマト編」に加え、未来の宇宙を舞台に、宇宙飛行士牧村(まきむら)が受ける「永遠と生きながらえないといけない」という過酷な罰と、流刑の星での想像を絶する生活を描いた「宇宙編」の2作品を収録した第3巻。 <手塚治虫漫画全集収録巻数>・『火の鳥』ヤマト編・宇宙編(手塚治虫漫画全集MT204『火の鳥』第4巻収録) <初出掲載>・『火の鳥』ヤマト編 1968年9月号~1969年2月号 COM連載 ・『火の鳥』宇宙編1969年3月号~7月号 COM連載

続きを読む
  • 火の鳥 【手塚治虫文庫全集】 全 11 巻

    未購入巻をまとめて購入

    火の鳥 【手塚治虫文庫全集】 全 11 巻

    8,316円(税込)

レビュー

4.1
7
5
3
4
2
3
2
2
0
1
0
  • 2017/03/27Posted by ブクログ

    ヤマト編 今回は火の鳥が優しい。 火の鳥は個人のためには血を渡さないが、歴史の流れを作る道案内として血をあたえる。 石舞台古墳 いけにえから埴輪へ 宇宙編 流刑星 かなり強烈な印象の巻 牧村の罪 ...

    続きを読む
  • 2015/05/05Posted by ブクログ

    ヤマト編、記述の残らない遺跡にはロマンが広がる。宇宙編、コマ割りが実験的だった。読みにくかったが無重力で上下左右の感覚がないというのを表現したかったのだろうか。

  • 2014/02/25Posted by ブクログ

    火の鳥第3弾は「ヤマト編」と「宇宙編」の2編で構成。 そういえば「宇宙編」は昔、アニメで見たような覚えがありました。 “ヤマト編” 手塚版・ヤマトタケル伝説でしょうか。 大和朝廷と熊襲の戦いをベース...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード