火の鳥 【手塚治虫文庫全集】 2巻

手塚治虫

770円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    30世紀半ばの未来。地下に永遠の都を築き生活をする人類。その中のひとつ「ヤマト」にて生活をするマサトは、「電子頭脳ハレルヤ」により抹殺を命じられたムーピーのタマミを救うべく地上に脱出し、そこで猿田(さるた)博士が暮らすドームに収容される。それは、長い長い物語の始まりだった……。火の鳥により永遠の命を与えられたマサトが、地球と生命の再生を担う「未来編」の他、エッセイ「『火の鳥』と私」を収録した「火の鳥」第2巻。 <手塚治虫漫画全集収録巻数>・『火の鳥』未来編(手塚治虫漫画全集MT203『火の鳥』第3巻収録) ・『「火の鳥」と私』(手塚治虫漫画全集別巻MT389『手塚治虫エッセイ集』第3巻収録) <初出掲載>・『火の鳥』未来編 1967年12月号~1968年9月号 COM連載 ・『「火の鳥」と私』1969年12月25日号 「火の鳥黎明編」掲載

    続きを読む
    • 火の鳥 【手塚治虫文庫全集】 全 11 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      火の鳥 【手塚治虫文庫全集】 全 11 巻

      8,470円(税込)
      84pt獲得

    レビュー

    4.3
    8
    5
    4
    4
    3
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2011/11/30Posted by ブクログ

      僕が初めて読んだ手塚治虫作品は、『火の鳥 異形編』でした。当時小学校低学年だった僕にとっては、『火の鳥』は怖い作品、そして大人の漫画として印象づけられ、その後、そのスケールの大きさに圧倒されながらも読...

      続きを読む
    • 2013/07/26Posted by ブクログ

      未来編を収録。
      人間が完全に滅びたあと、地球の支配者となった生物はナメクジだった、ということが面白い。確かに現在の人間のポジションは、人間がそこに立っていることに必然性はない。だから、生物の進化の過程...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2011/11/16Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く
    [{"item_id":"A001532902","price":"770"}]

    セーフモード