火の鳥 【手塚治虫文庫全集】 1巻

手塚治虫

756円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    「その生き血を飲めば永遠の命を得ることができると言われている……」。「永遠の命」をテーマに、手塚治虫が生涯にわたって描き続けたライフワーク作品「火の鳥」シリーズがついにはじまる! 第1巻には「騎馬民族渡来説」を取り入れ、独自の解釈による日本神話を描いた「黎明編」に加え、手塚治虫エッセイ集より抜粋した「『火の鳥』のロマン」を掲載。 <手塚治虫漫画全集収録巻数>・『火の鳥』黎明編(手塚治虫漫画全集MT201~202『火の鳥』第1~2巻収録) ・『「火の鳥」のロマン』(手塚治虫漫画全集別巻MT389『手塚治虫エッセイ集』第3巻収録) <初出掲載>・『火の鳥』黎明編 1967年1月号~11月号 COM連載 ・『「火の鳥」のロマン』1983年1月号 「旅」掲載

    続きを読む
    • 火の鳥 【手塚治虫文庫全集】 全 11 巻

      未購入巻をまとめて購入

      火の鳥 【手塚治虫文庫全集】 全 11 巻

      8,316円(税込)
      83pt獲得

    レビュー

    4.5
    7
    5
    5
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/03/08Posted by ブクログ

      黎明編
      強い国もより強い国に滅ぼされる。
      終わりがない。
      女性の強さ。
      女性の弱さ。
      ラストは新世界への希望。

    • 2016/03/23kani2205
      はじめてハマった漫画

      小学校に入る前に父親の持っていた『火の鳥』にはまりました。もちろん内容は分からなかったと思いますが、荒廃する未来都市、カプセルから出ると溶けてしまう動物たち、気の狂ったアンドロイド裸女など、凄まじいイ...

      続きを読む
    • 2015/03/22Posted by ブクログ

      小学生の頃一度読んでいたが、久しぶりに読みたくなり再読。今読んでも十分面白い。当時では理解できなかった小ネタに気付けるのも嬉しい。神格化された人物が人間らしく描かれているから歴史の教科書よりもずっとリ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード