ふしぎなイギリス

笠原敏彦

825円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    近代合理主義を育み、世界に議会制民主主義などのお手本を示したイギリス人がなぜ、世襲制の君主制を支持するのかという「エニグマ(謎)」を読み解き、イギリスという国家、社会像を描き出す。グローバリゼーションの最先端を行くイギリスは、いかにして国家としてのアイデンティティを維持しているのか。(講談社現代新書)

    続きを読む

    レビュー

    4.1
    6
    5
    3
    4
    1
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/02/16Posted by ブクログ

      http://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000210803

    • 2018/11/05Posted by ブクログ

      今でも世界を制しているのはアメリカではなく、イギリスではないかと考えています。我々が現在正しいと考えている政治体制としての民主主義を作ったのは、イギリスです。しかし、今日の民主主義を確立した国であるの...

      続きを読む
    • 2018/05/14Posted by ブクログ

      毎日新聞の特派員として、ロンドンに駐在した経験のある筆者が、自分の体験と照らし合わせながら、イギリスの魅力や現状について解説していくという内容。イギリスの現状についてを主に取り扱っていて、同国について...

      続きを読む
    開く

    セーフモード