マンガ おはなし物理学史 物理学400年の流れを概観する

原作:小山慶太 漫画:佐々木ケン

1,188円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    物理学者たちはいかに新しい理論を生み出したのか―― 実験と理論の融合、電気と磁気の統一、超ミクロの世界、光速と重力場。古典物理学の時代では力学と電磁気学を学び、電気と磁気が統一される前夜に遭遇。現代物理学の時代では量子力学と相対性理論という、光速に近い運動や重力場といった、われわれの想像を超えた領域に引き込まれていきます。(ブルーバックス・2015年4月刊) ※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能も使用できません。

    続きを読む

    レビュー

    4
    2
    5
    0
    4
    2
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/11/05Posted by ブクログ

      <目次>
      プロローグ
      第1章 力学
       第1話 ニュートン
       第2話 ケプラーとガリレオ
       第3話 ニュートン力学
      第2章 電磁気学
       第4話 エーテルのミステリー
       第5話 光速は高速
       第6話 電気...

      続きを読む
    • 2015/12/25Posted by ブクログ

      物理学の歴史を親しみやすく視覚化。高校生3人組が歴史上の科学者たちを直撃しながら、物理学発展の舞台裏を臨場感豊かにレポートします。

    • 2015/06/17Posted by ブクログ

      物理学の歴史を新書版でしかもマンガで著すというものすごく野心的な試みで、さすがに食い足りない部分はありましたが、それでもがんばってなかなかよくまとまっていたように思いました。
      特に、天動説から地動説へ...

      続きを読む

    セーフモード