日本のものづくりはMRJでよみがえる!

杉山勝彦

880円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    およそ半世紀ぶりの国産旅客機、「MRJ」。国産ジェットといってもすべてがメイドインジャパンではないが、日本が主導権を握って完成機をつくることの意味は大きい。他産業への技術波及も含めてグローバル市場で戦う方法が航空機には凝縮されている!◆世界基準で勝つための打ち手あり!◆「ものづくり敗戦」を経験した日本が再生するための、新たなものづくり論!◆日本のオールスターが集結し、技術の粋がつまった国産旅客機、MRJ(三菱リージョナルジェット)。いよいよ2015年に初飛行が予定されている。◆並みいる世界のライバルメーカーたちに対してMRJはどんな優位性をもっているのか?日本の航空機産業は、果たして新たな成長産業として軌道にのれるのか?さまざまな疑問に対し、MRJをウォッチし、航空機産業を支えるメーカーの現場を丹念に見てきた著者が解き明かす!◆今回のMRJについては、炭素繊維などの「材料革命」のほかにも日本のものづくりが薄利多売から高付加価値型少量生産へと移行する契機を指し示すなど、世界基準で勝負するためのヒントが数多く詰まっている。◆国産ジェットといってもすべてがメイドインジャパンではないが、日本が主導権を握って完成機をつくることの意味は大きい。他産業への技術波及も含めてグローバル市場で戦う方法が航空機には凝縮されている!◆MRJは小型ジェット機の市場で世界シェアの半分くらいとることを目指しているというが、新たなグローバル市場をめざす戦いにおいて、日本の各企業は今後どんな戦略をとればいいのか――世界を土俵に戦う、新たな日本のものづくりを導く1冊!

    続きを読む

    レビュー

    3.6
    3
    5
    1
    4
    1
    3
    0
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/10/31Posted by ブクログ

      2015年初飛行をしたMRJ。
      しかし、未だに 運航がされていない。
      実際の引き渡しは、2020年になると言う。
      航空機の生産については、空白の7年、YS11の失敗、
      親方日の丸的開発の終焉、などなど...

      続きを読む
    • 2016/01/02Posted by ブクログ

      初飛行のニュースを見て。MRJを取り巻く産業の構造や技術的なレベルについて把握できた。著者の指摘する製品技術の不足が、MRJの開発において一体化などを手掛ける中で改善されていくといい。

    • 2015/09/04Posted by ブクログ

      MRJには地元として少なからず関心があり、読んでみました。

      当然ですが航空機はパーツの安全性を重視するもので、オーバースペックとも言えるべき品質重視の日本の物作りには合致しているという見方は、私には...

      続きを読む

    セーフモード