「逆さ地図」で読み解く世界情勢の本質

松本利秋

880円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    そうだったのか! 逆日本地図を眺めれば、日本が対峙する大国の思惑が手にとるようにわかる●世界のホンネがわかる「逆地図的視点」のススメ!地図はついつい自国を中心に見てしまいがちである。しかし、地図の向きを柔軟に変えて世界を眺める癖をつけることで、実は世界の本当の姿がより見えやすくなるのである。この本では、地図の東西南北の向きを柔軟に変え、焦点となる場所が目立ち、本質が理解しやすい向きから、現代起きている問題や過去から引きずっている問題を地政学を援用しながら俯瞰していく。

    続きを読む

    レビュー

    4
    4
    5
    2
    4
    0
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/07/22Posted by ブクログ

      地図の向きを柔軟に変えて眺めることで、世界の姿が見えやすくなる。中国、アジア、地中海、中東、そして世界の領土問題について、地政学を援用しつつ読み解いてみる。

      定型パターンとして思考停止になってしまっ...

      続きを読む
    • 2017/06/06Posted by ブクログ

      世界地図を逆さにしたり、中心をズラして見ることで問題の本質が見やすくなる。
      海洋国家=シーパワーと大陸国家=ランドパワーでは考え方が違うのかもしれない。
      ユーラシア大陸南部の海に面してる一帯が「リムラ...

      続きを読む
    • 2015/08/03Posted by ブクログ

      近代史の知識の補填ができて為になった。
      長年にわたる各国の領土問題は根深く、解決の糸口が見えないからこそ、本質は変わらない。満足度9

    開く

    セーフモード