支配者と運命の女 【背徳の富豪倶楽部 III】

ヴィクトリア・パーカー 翻訳:片山真紀

648円(税込)
ポイント 6pt

特権階級が集う秘密クラブを操るゼウス。謎に満ちた正体が、ついに明かされる! 超一流の実業家だけが入会を許される社交クラブ、Qヴィルトゥスの主宰者はゼウスと呼ばれる謎の人物だ。そのゼウスこそ、不動産王ニックが復讐を誓う相手だった。一族を滅ぼした憎い仇を追って10年、今夜ようやくゼウスの寝室に忍びこめた。ところが、ベッドに寝ていたのは金髪の美女だった。誰だ? やつの愛人か? 一方、侵入者に気づいたピアはとっさに跳ね起き、銃を突きつけた。最近、亡き父ゼウスに代わり密かに私が主宰するクラブをつぶそうとする不穏な動きがある。この男はそれに関係があるの? 端整な顔には見覚えがある。緊迫感の中、二人の間に漂うのはなぜか敵意ではなかった。情熱にも似た熱い感情にとまどい、ピアは銃を握る手に力をこめた。 ■排他的な秘密クラブQヴィルトゥスの主宰者に復讐を誓ったニックは、ついにその正体を突き止めます。けれど目的を遂げようとする彼の前に謎の美女が現れ、計画は崩壊してしまいます! 3人の新人作家たちが腕を競う3部作の最終話、必ずご満足いただけます。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

セーフモード