【最新刊】入り婿侍商い帖 関宿御用達(三)

入り婿侍商い帖 関宿御用達

3冊

著者:千野隆司

734円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    家禄三百五十石の旗本家の次男だった角次郎は、米屋の大黒屋に婿入りした。関宿藩の御用達となり、新米番船で2番に入った大黒屋の商いは順調にみえた。ところが店舗拡大を考え始めた矢先、本所深川一帯で大火事が起こり、大黒屋の店舗も焼失してしまう。散りぢりになった家族や従業員は無事だった倉庫に再集結するが、義母・おトクは帰ってこない。取り乱す義父・善兵衛を気遣いつつ、角次郎は商い再開に向けて動き出すが……。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/02/25
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    歴史・時代

    レビュー

    3.6
    5
    5
    1
    4
    1
    3
    3
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/11/30Posted by ブクログ

      第六弾
      順調に進む商いと思われたが大火が米問屋街を薬尽くす、
      義母の行方を絡めながら、背後には暗躍する悪も
      危難に陥った時の周りの対応に悲喜こもごも

    • 2017/07/16Posted by ブクログ

      入り婿侍シリーズ。
      今回は、本所深川一帯での大火事で焼け出されてしまう主人公一家。加えて新たに登場する悪徳商人と用心棒。
      主人公角次郎一家の善行に救われます。
      シリーズを通しての人との繋がりが深まるに...

      続きを読む
    • 2017/07/16Posted by ブクログ

      入り婿侍シリーズ、ハマっています。
      今回の新米番船は、主人公角次郎の決意と身体を張った戦い・・引き込まれ方も半端なし。
      それにしても何でもこなしてしまう角次郎さん、今回は船の筈緒を握りました。一番にな...

      続きを読む
    開く

    セーフモード