復員・引揚げの研究

著者:田中宏巳

1,760円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    太平洋戦争の終戦時に海外でなにが起こっていたのか、当事者が残した記録をもとに敗戦から戦犯裁判、そして日本への帰還の歴史を克明に検証する。※本作品は紙書籍から口絵または挿絵の一部が未収録となっています。あらかじめご了承ください。

    続きを読む

    レビュー

    5
    1
    5
    1
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2012/12/21Posted by ブクログ

      戦後の混乱の中、戦地で終戦を迎えた将兵がどのようにして日本へ帰ってきたのかを解説した本です。

      内容は、なぜ将兵が南方を始めとする島嶼に分散し、取り残されたることになったのか。終戦直後から始まった生存...

      続きを読む
    • 2010/10/13Posted by ブクログ

      ナチスドイツに侵略された西欧諸国はアジアの植民地なんかはすぐに手放したから日本はすぐに侵略できた。
      マッカーサー曰く、日本兵は末端の兵士は優秀な素質があるが、参謀で上級になるほど、どうしようもなく馬鹿...

      続きを読む

    セーフモード